そらの「Facial Soap」新発売  “汚れを落とす”という、“石けん本来の機能”を重要視!!

洗顔に対する疑問?必要な「界面活性剤」重要なのは「洗顔」「保湿」アトピーの患者さんのために開発『チタンペースト』
スッキリ肌のあとには「保湿ケア」が重要!そらの『フェイシャル・ソープ』の特徴お申込み

洗顔に対する疑問?

高級なアルガンオイルやシアバターで保湿をすると、肌のコンディションがとても良くなることがわかります。すると、今度は洗顔に対する疑問がわいてきます。これまで、洗顔後は“しっとり”するのがいいとばかり宣伝されてきましたが、「これって完全な間違いなんじゃないかと!」。 なぜって、洗うこととしっとりさせることは、逆作用で相容れないもの。

洗い上がりが“しっとり”は、本当に正しいのか?

洗顔フォームが全盛で、「つっぱらない、潤い成分を残してしっとり」とうたう製品が多くなっています。なかには「肌に必要なものは残し、取りすぎない石けん」と宣伝するものも。

でも何か変ではありませんか? 石けんに求められる本来の機能は「汚れを落とすこと」です。その石けんが、「これは落とすけれど、これは落とさない」なんて選り分けることが可能なんでしょうか? 実は不可能なことであり、あくまで宣伝文句として使われているだけ! 

“潤い”は勘違い!?

「しっとり、つっぱらない」には、実は“裏”があります。潤いと勘違いしていたのは、なんと落とし切れていなくて肌表面に残る『合成界面活性剤』だったのです! この合成界面活性剤は弱酸性だから肌離れが悪く、いつまでもヌルヌルとします。私たちは、それを“潤い”だと思わされていたのかも…!?

必要な「界面活性剤」。では“合成”と“自然”の違いは?

肌の表面には、大気中の埃や鉱物系の汚れ、さらに分泌した皮脂が酸化したものが混ざり合っています。いわゆる“油汚れ”です。そもそも水と油は反発しあうもの。この“油汚れ”を洗い流すためには、いちど水と油を融和しなければなりません。

 そこでどうしても必要になってくるのが『界面活性剤』です。ところが、界面活性剤が皮膚のバリアによくないとか、水を汚して環境に悪いなどと悪者にされているきらいがあります。確かに台所洗剤や市販の洗顔フォームなどに使われている“合成の界面活性剤”は、石油からつくられているので川に流されたあともなかなか泡が消えずに、環境を汚すことが指摘されています。もちろん肌にも悪い影響があります。

 けれども、昔から石けんに使われているヤシ油を原料とした「自然の界面活性剤」は、肌にもやさしく、生分解性があるので環境への負荷も少なく抑えられるのです。

専門家が指摘! 最も重要なのは「洗顔」「保湿」

「女性達は化粧品に騙されている」、という類いの書物が沢山でています。肌トラブルの原因は実は化粧品だったという本まであります。

 皮膚科専門医は、肌にとっていちばん良いのは“シンプルなケア”だと言います。例えば、防腐剤が入っていない化粧品は腐りやすく、かえって肌にはよくないことも最近では常識になりました。つまり、すべて無添加が良いとは一概に言えないのです。目的に応じて最低限の成分を配合し、機能とは無関係な「香料、着色料、柔軟剤」などは極力除くということなのです。

 お化粧では下地クリーム、ファンデーションなど何種類もの油分を塗り重ねます。したがって、これらを落とすために“合成界面活性剤入り”のクレンジングを使わざるを得ない状況になります。よく落ちるクレンジングほど肌には刺激が強いと思わなければなりませんね。ですから、手軽さがPRされている「拭くだけコットン」なんていうのも、とても恐い!

 専門家は、肌をすこやかに保つために不可欠なのは「洗顔」「保湿」「UVカット」だと断言します。肌トラブルを避け、肌の老化をできるだけ緩やかに(肌のアンチエイジング)するためにも、この3つの柱が基本なのです。

アトピーの患者さんのために開発『チタンペースト』

 「そらのフェイシャル・ソープ」の特徴的な成分は『チタンペースト』です。

 これはアトピーの患者さんのために皮膚科の先生と共同開発した原料でもあります。アトピーの方の悩みというのは、「肌が敏感で乾燥しやすいために、強い洗浄力のあるものが使えない」こと。すると皮膚に汚れが残りやすく、細菌が繁殖して炎症を起こしたり痒みを生じるので、かきむしって傷にしてしまうという悪循環になります。さらに皮膚が乾燥してめくれあがってしまうため、汚れがよけいにとりにくくなります。その上に保湿クリームを塗っても、汚れがついたままフタをしているようなもので、細菌の繁殖を助長してしまうのです。  ちなみにアトピーの方に必要な洗浄剤とは、@肌に刺激がない、A泡の洗浄でやさしく洗い上げるBつぶれにくい泡で、逆剥けした皮膚の奥の汚れまで落とす、という条件を満たすものです。そこで開発されのが、酸化チタンを素に焼成セラミックを作り、それを細かくペースト状にすりつぶした<チタンペースト>を石けんに練り込むという製法なのです。

透明素肌を洗顔でつくるメカニズム

スッキリ肌のあとには「保湿ケア」が重要!

「肌にやさしく、もっちりと弾力性のある泡で、毛穴の奥まで汚れを取り去る。ほこりも油も汚れはきっちりと落とす。そして、肌を完全にスッキリとさせる石けん」と言ってもいいでしょう。 ですから洗い上がりは、多少肌が引き攣れてつっぱった感じがするかもしれません。でも、それで問題は無いのです。そして、その後のアフターケアがとても重要です。

 スッキリと丸裸にされた肌は、いわゆる無防備な状態になっています。そこで、アルガンオイルなどの保湿が重要になります。したがって、この石けんは「保湿ケア」が不可欠なのです。ぜひアルガンオイル(もしくはシアバター)とペアで使っていただきたいと思います。

ご愛用者の声

石鹸すごく良いですね。肌がしっとりモチモチです。 吸い付くようです。
しっかり汚れを落とすとはこういう事なんですね。 (北海道 N.T様)

そらフェイシャル・ソープ 2,590円(税込)
<チタンペースト入り> 香料・着色料無添加 100g

◆弾力性のある泡で毛穴の奥までスッキリと洗い上げます。
◆肌が弱く乾燥しやすい方のために開発された【チタンペースト配合】
◆赤ちゃんからお年寄りまで、性別をとわずオススメです。
◆洗顔だけでなく頭から身体まで ご使用になれます。
 浴室に置いても溶け減りしにくく、少量でたくさん泡立ち、長持ちします(朝晩の洗顔なら 1個で約3ヶ月)。
●肌を完全にスキッとさせますので、保湿ケアが不可欠です(アルガンオイル、またはシアバターとペアで使っていただきたいと思います)。

30gがお試しできます 送料・税込300円(メール便)

そらフェイシャル・ソープのご注文へ

そらフェイシャル・ソープ3個セットのご注文へ

ページトップへ▲

洗顔に対する疑問?必要な「界面活性剤」重要なのは「洗顔」「保湿」アトピーの患者さんのために開発『チタンペースト』
スッキリ肌のあとには「保湿ケア」が重要!そらの『フェイシャル・ソープ』の特徴お申込み